【彼氏浮気】男性が浮気をする心理

男性が浮気をする心理

男性は浮気をする生き物と言われます。浮気を全くしたことがないという男性はいないでしょう。
そんな男性の方がめずらしいくらいですから、男性の浮気心が芽生えさせないようにすることは、かなり難しいことです。

 

そんな男性の浮気をする心理を知りたいという人は多いはずです。
どんな気持ちで男性は浮気をするのでしょうか?浮気が本気になったりすることはあるのでしょうか?

 

自尊心が満たされる相手

いつまでもきれいで魅力的な女性であり続けることが必要です。
パートナーがいつまでも魅力のある女性であれば、男性は他の女性に魅力を感じることがなくなるでしょう。

 

彼女や妻に対して、恋人や伴侶から愛情を感じられないと思うようになったら、浮気に走りやすくなります。
そんなときは、男性の自尊心が傷ついていますので、自分の自尊心が満たされる相手を求めるのです。

 

セックスレス

また、セックスを拒まれたり文句を言われたりすると、自分を受け入れてもらえないと感じる男性はいますので、浮気に走りやすくなっています。
女性の浮気も欲求を満たすためですが、男性の浮気も傷ついた自尊心を満たす欲求からです。

 

恋人でも長く付き合っていると、夫婦なら結婚生活が長くなると、お互いに「空気のような存在」になります。
そんな緊張感がなくなった関係になるほど、ときめき感や性欲を高める作用があるPEAといわれる脳内物質が分泌されなくなります。
こうなると、彼女や妻に対して性欲が湧かなくなります。

 

ストレスから

男性の浮気は、ストレスのはけ口であることもあります。仕事などのストレスが溜まっていて、イライラしていたり精神的に滅入っていたりするときに、それを発散させるために浮気に走ることがあります。
彼女に愚痴などを言いたくなくて、別の女性と肉体関係に走ったという男性もいるようです。
このような男性は、一夜限りの浮気と割り切っている人も多いようですが、結婚してもやり続ける人もいます。

 

他には、酒の席で酔ってムラムラしてきて、その勢いで関係を持ってしまうという人もいるようです。
男性の浮気をする心理は、自尊心が傷ついているのでなければストレス、他はその時の性的欲望と考えていいでしょう。